住宅ローン問題
住宅ローン問題 > 実家問題 > 空き家問題 > 空き家増加の原因とは?

空き家増加の原因とは?

歴史を見てみると、戦後から高度経済成長期にかけて、住宅不足という課題を解決するために、国は住宅建設を促進してきました。
また、経済成長の面からも国民にマイホーム購入を推奨してきたという背景もあります。
なぜなら、住宅産業は、市場規模が大きく、材料メーカーや鉄鋼メーカー、家電メーカーなど周辺産業への波及効果が大きいからです。

これは、日本に限ったことではありませんが「新設住宅着工戸数」という指標が、景気動向を示す重要な指標の一つになっているのもそういう意味合いがあります。

人口減少は、当然予想されていたのですが、宅地開発はどんどん郊外まで広がっていきました。

今、こういったエリアの住民が皆高齢になり、退去している一方で、若者は地元に帰らず、都市部に住む傾向が強まっているのも空き家増加の一因といわれています。


トラックバックURL

http://www.j-homeloan.jp/%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%e5%a2%97%e5%8a%a0%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です